コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリクーピス Trikōupis, Kharīlaos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリクーピス
Trikōupis, Kharīlaos

[生]1832.7.23. ナウプリア
[没]1896.4.11. カンヌ
ギリシアの政治家。 S.トリクーピスの子。アテネとパリで法律と文学を学んだのち外交官となり,1865年下院議員。急進派に属し,外相 (1866) ,首相を歴任 (75,78,80,82~85,86~90,92,93~95) 。政敵 T.ジリヤンニスと交互に政権を担当し,資源開発,鉄道敷設,軍備拡充,対オスマン帝国緩和策に努めたが,財政面で行きづまり,95年の総選挙で敗退し,政界を退いた。

トリクーピス
Trikóupis, Spyrídon

[生]1788.4.20. ミソロンギ
[没]1873.2.24. アテネ
ギリシアの政治家,歴史家。ギリシアの独立戦争中ミソロンギ蜂起 (1821) に参加,憲法制定議会議員 (1825) ,臨時政府議長 (1826) を経て首相 (1832) ,外務大臣,文部大臣,上院副議長,イギリス,フランス各駐在公使を歴任。主著『ギリシア革命史』 Istoria tis ellinikis epanastaseos (1853~57) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

トリクーピス

生年月日:1788年4月20日
ギリシアの政治家,歴史家。首相(32)
1873年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

トリクーピスの関連キーワードギリシア史[近代]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android