コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリスタン・ダ・クーニャ[島] Tristan da Cunha

1件 の用語解説(トリスタン・ダ・クーニャ[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トリスタン・ダ・クーニャ[島]【Tristan da Cunha】

大西洋にあるイギリス領の火山性洋島。面積98km2,人口298(1995)。アフリカの喜望峰と南米大陸のほぼ中間,南緯37゜6′,西経12゜15′の大西洋中央海嶺上に位置し,付近の無人島イナクセシブル島,ナイチンゲール島などと群島を形成する。最高2060mに達する円錐形の島で,偏西風のため気候は温和である。主産業は漁業で,自給的なジャガイモ栽培も行われる。1506年ポルトガル人トリスタン・ダ・クーニャが発見,1816年セント・ヘレナ島のナポレオンを監視するためイギリス海軍が占領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトリスタン・ダ・クーニャ[島]の言及

【大西洋】より

…南大西洋中央部を横断するリオ・グランデ海台とウォルビス海嶺は,ジュラ紀末以来,中央海嶺上で断続的に噴出形成されてきた火山島ないし海山が,海底拡大とともに西および東方へ移動することでつくられたとする。海嶺上に現在あるトリスタン・ダ・クーニャ島は,そのうちの最も新しい大洋島である。 大西洋周縁部には,海洋プレートの潜り込みによる堆積物の沈み込みがないこと,面積の割に流入河川流域が広い(太平洋の3倍)こと,第四紀氷河による削剝・海台形成が顕著(特に中・高緯度地方)なことなどのため,大陸棚がよく発達する。…

※「トリスタン・ダ・クーニャ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone