コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリスバー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トリスバー

サントリーのウイスキー「トリス」をソーダで割ったハイボールを飲ませるバーで、1950~60年代を中心にサラリーマンや学生の人気を集めた。サントリーがPR誌を配布するなどして組織化し、ピーク時の60年代には全国で2千軒近くまで増えた。しかし、業態やアルコールの多様化もあり、次第に減少。現在、当時のトリスバーで残っているのは「十三トリスを含めて5店舗前後ではないか」(サントリー関係者)という。

(2014-08-23 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリスバーの関連情報