トリップ家(読み)トリップけ(英語表記)Trippen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリップ家
トリップけ
Trippen

オランダのアムステルダムの大商人門閥。トリップ家は 16世紀末頃からエリアスおよびヤコブの兄弟がドルトレヒトを中心に鉄,銅,武器商人として活躍し,17世紀,その一族はアムステルダムを舞台に国際的武器商人として巨富を築いた。同じ武器商人ルイ・ド・ヘールと姻戚関係で結ばれ,スウェーデンの鉱山開発にも参加した。兄弟の建てたアムステルダム中心部にある豪邸は現在オランダ王立学士院に使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリップけ【トリップ家 Trip】

17世紀アムステルダムの都市貴族門閥。スペイン王フェリペ2世に対するネーデルラントの反乱が始まったころオランダのザルトボンメルZaltbommelに定住したヤコプ・トリップJacob Tripの息子エリアスElias(1570ころ‐1635),ヤコプJacob(1575‐1663),孫アドリアーンAdriaan(1621‐84)は,当時オランダ最大の鉄・武器商人だったデ・ヘールDe Geer家の娘たちと結婚した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android