トリニティ・サイト

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トリニティ・サイト

ニューメキシコ州アルバカーキ南東の砂漠にあり、1945年7月16日早朝、史上初の原爆の爆発実験が行われた。現在は基地の一部になっており、年に2回、一般公開されている。実験に使われたのは長崎原爆と同じプルトニウム爆弾だった。

(2010-11-26 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリニティ・サイトの関連情報