コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリュンメルバッハの滝 トリュンメルバッハのたき

1件 の用語解説(トリュンメルバッハの滝の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

トリュンメルバッハのたき【トリュンメルバッハの滝】

スイス中央部のベルナーオーバーラント地方、ユングフラウ観光の拠点の一つになっているラウターブルンネンLauterbrunnen)近郊にある滝。ラウターブルンネンからバスで7~8分ほどのところにある。ユングフラウの山々にある10の氷河から溶け出した毎秒20万tの水が、落差300m、長さ2kmにわたって続く山内の洞窟を10層になって流れ落ちている、地中の滝である。滝口までは小さなロープウェイで行くことができ、滝の途中までエレベーターで上がることができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリュンメルバッハの滝の関連キーワードトゥルンベルナーオーバーラントアルメントフーベルシュテッヘルベルクシルトホルンベルナーアルプスベルナーアルペンミューレンメンヒ山メンヒスヨッホヒュッテ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone