コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルケマーダ トルケマーダ Torquemada, Juan de

2件 の用語解説(トルケマーダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルケマーダ
トルケマーダ
Torquemada, Juan de

[生]1388. バリャドリド
[没]1468.9.26. ローマ
スペイン出身のドミニコ会士。枢機卿。中世後期の指導的な神学者の一人。ラテン名 Johannes de Turrecremata。バーゼル会議 (1431~35) では教皇権を擁護するなど,教皇権強調の先駆者となり,ボヘミアのフス派やギリシア教会との一致のために尽力し,またスビアコ修道院長として修道会規律の遵奉徹底のため活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

トルケマーダ
トルケマーダ
Torquemada, Tomás de

[生]1420. バリャドリド
[没]1498.9.16. アビラ
スペインの神学者。ドミニコ会士。フアン・デ・トルケマーダの甥。カスティリャの女王イサベラ1世と王フェルディナンド5世の聴罪司祭として国王の宗教政策に影響を及ぼした。 1452年セゴビアサンタ・クルス修道院院長,83年にはスペイン最初の異端大審問官に任命され,スペイン全域にわたって異端審問を改組し,厳酷に改訂,異端以外の犯罪にも拡張し,当時の慣行に従って拷問を加え,少くとも 2000名の「異端者」を焚殺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トルケマーダの関連キーワードバスケスどりゃバリャドリードバリャドリード大聖堂バリャドリッドバリャドリッド大聖堂キャドバリーわたりどりバリャドリード条約バリャドリード・ラ・ヌエバ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone