コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルコの政教分離

1件 の用語解説(トルコの政教分離の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トルコの政教分離

国民の99%がイスラム教徒だが、1923年に成立したトルコ共和国の初代大統領ケマル・アタチュルクは国の近代化を進めるため「政教分離」などの原則を採り入れた。26年には前身のオスマン帝国が礎としたイスラム法を廃止。28年には「国家の宗教はイスラム教である」とする憲法の条文を削除した。

(2011-06-12 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トルコの政教分離の関連キーワードジンミースカーフ問題イスラム帝国回教徒汎イスラム主義イスラム聖戦機構イスラム教のスカーフシーア派とスンニ派インドのイスラム教徒キルギスとイスラム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone