コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレスウィリ tresviri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレスウィリ
tresviri

古代ローマの官職。三人官 (委員) の意。以下はその代表的なもの。 (1) 司法三人官 tresviri capitales (nocturni)前 289年頃設置。犯罪者の逮捕,裁判,懲役,処刑,財産没収,焚書を管轄した。 (2) 祝宴三人官 tresviri epulones 前 196年設置。神官から選ばれユピテル神の祭儀の祝宴などを担当。 L.スラによって7人に,ユリウス・カエサルによって 10人に増員された。 (3) 鋳貨三人官 tresviri monetales 前 92年の史料に初出。財務官 (クアエストル ) のもとで鋳貨を製造。貨幣にその名が刻まれたが前4年以後は刻まれなくなった。 (4) 国家建設三人官 tresviri rei publicae constituendae 前 43~36年の M.アントニウス,M.レピドゥス,オクタウィアヌス (アウグスツス) の第2次三頭政治の公称。その他地方自治都市にもその名がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android