コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレバー・ローパー Hugh Redwald Trevor‐Roper

1件 の用語解説(トレバー・ローパーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トレバー・ローパー【Hugh Redwald Trevor‐Roper】

1914‐2003
イギリスの歴史家。オックスフォード大学近代史欽定講座教授(1957‐80)。1979年デーカー・オブ・グラントン男爵を授けられ,翌年オックスフォードを引退してケンブリッジのピーターハウスの学寮長となる。処女作《ロード大主教》(1940)以外の著書には評論集が多く,重厚な歴史研究には欠けるが,希代の論争家として知られ,ジェントリー論争,17世紀危機論争などで活躍した。邦訳された著書に《ヒトラー最後の日》(1947),《宗教改革社会変動》(1967)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトレバー・ローパーの言及

【ジェントルマン】より

…一つは,宗教改革からピューリタン革命に至る1世紀間には,おりからのインフレによって,伝統的な固定地代を徴収する貴族が没落したのに対し,競争地代を徴収し,毛織物その他のマニュファクチュア経営,石炭業などをも展開した資本家的なジェントリーが急速に勃興したというR.H.トーニーの主張である。これに対して,そのような事実は存在せず,貴族であれ,ジェントリーであれ,宮廷内に官職を確保しえた一族つまり〈宮廷派〉は勃興し,それができなかった一族〈カントリー派〉は没落を余儀なくされたとするH.R.トレバー・ローパーの学説が対立,〈ジェントリー論争〉の名を与えられている。論争の行方は,結局ピューリタン革命を資本家的ジェントリーによる〈ブルジョア革命〉と解するか,〈宮廷派〉に対する議会=〈カントリー派〉のクーデタと解するかという問題にもつながっている。…

※「トレバー・ローパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

トレバー・ローパーの関連キーワードHomeStyle+科学技術インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAXイタリア映画ロッキード事件新橋松田龍平

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone