コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレーサビリティ導入促進対策事業

1件 の用語解説(トレーサビリティ導入促進対策事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トレーサビリティ導入促進対策事業

生産者や製造方泡流通経路の記録をたどれるようにするため、農林水産省が生産・流通・販売段階での情報入力機器などの購入費を最高で半額補助する。食品をめぐる事故の原因究明に役立てたり、消費者がインターネットなどで食品の情報を閲覧できるようにしたりするのが目的。同省は03、04年度で、39都道府県226団体に総額約13億6千万円を交付した。

(2006-10-06 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレーサビリティ導入促進対策事業の関連キーワード卸売業産直生産者米価流通経路生産者価格末端価格流通業者流通チャンネル政策トレーサビリティ・システム(流通経路情報把握システム)トレーサビリティ導入促進総合対策事業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone