コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロニエム岩 トロニエムがんtrondhjemite

岩石学辞典の解説

トロニエム岩

優白質の黒雲母石英閃緑岩またはトナル岩で,石英に富むもの.主にオリゴクレースあるいはアンデシンと石英からなり,8~10%の黒雲母を伴う.マフィック鉱物には稀に角閃石オージャイトも含まれる.カリ長石は一般に含まれない.角がとれた卵形の斜長石の斑晶(ovoidという)を含むのが特徴である[Goldschmidt : 1916].北海道雨竜産の岩石については,かつて鈴木醇が岩石薄片を直接ゴルドシュミットに送り鑑定を依頼した結果,トロニエム岩と認められた経緯がある[鈴木 : 1935].ノルウェー,トロンヘイムの旧称トロニエム(Trondhjem)の地名に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

トロニエム岩の関連キーワードアダク岩

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android