コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロニエム岩 トロニエムがん trondhjemite

1件 の用語解説(トロニエム岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

トロニエム岩

優白質の黒雲母石英閃緑岩またはトナル岩で,石英に富むもの.主にオリゴクレースあるいはアンデシンと石英からなり,8~10%の黒雲母を伴う.マフィック鉱物には稀に角閃石やオージャイトも含まれる.カリ長石は一般に含まれない.角がとれた卵形の斜長石の斑晶(ovoidという)を含むのが特徴である[Goldschmidt : 1916].北海道雨竜産の岩石については,かつて鈴木醇が岩石薄片を直接ゴルドシュミットに送り鑑定を依頼した結果,トロニエム岩と認められた経緯がある[鈴木 : 1935].ノルウェートロンヘイムの旧称トロニエム(Trondhjem)の地名に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロニエム岩の関連キーワード石英閃緑岩石英閃緑岩線エステレル岩グロエバ岩アプロ閃緑岩トナル岩バナト岩明延岩パウダ岩グラドカイア岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone