コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンスタイン Tonstein

1件 の用語解説(トンスタインの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

トンスタイン

ドイツで最初に使用された語で,粗面岩あるいはフェルサイトのような長石に富む岩石が変質したものを指すが,後に細粒緻密で葉理がない岩石で,石炭層中に薄い帯として産出するものに用いられた.この岩石は主にカオリナイトで構成されていて,色は白から黒まで様々に変化する[Williamson : 1961, Price & Duff : 1969].ドイツ語のTonsteinは英語のclaystone.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トンスタインの関連キーワードドイツ体操毒ガスドイツ鯉粗面岩質デーサイトアルカリ粗面岩アルソ岩粗面斑岩ドーム岩

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone