コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンネルじん肺訴訟

1件 の用語解説(トンネルじん肺訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トンネルじん肺訴訟

じん肺は、大量の粉じんを吸い込むことで、呼吸障害などの肺機能低下を引き起こす職業病。1950~90年代にトンネル建設工事に従事した患者らが国やゼネコン損害賠償を求め、一斉に提訴した。昨年6月には国との間で、国への賠償請求を放棄するかわりに、粉じん濃度の測定やマスクの着用、換気の義務づけなどを進める合意書が結ばれた。11月の集団提訴を含み276人が係争中。

(2008-12-19 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トンネルじん肺訴訟の関連キーワードじん肺吸気吸塵吸込み吸込み管吸込み弁じん肺被害石炭じん肺じん肺と合併症じん肺診断

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone