コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンネル磁気抵抗効果(読み)トンネルジキテイコウコウカ

デジタル大辞泉の解説

トンネルじきていこう‐こうか〔‐ジキテイカウカウクワ〕【トンネル磁気抵抗効果】

強磁性の金属層に挟まれた薄い絶縁膜を通って流れるトンネル電流が磁場により変化する現象。1975年の発見当時は試料をセ氏零下270度近くまで冷却する必要があったが、1995年に同様の現象が室温でも実現できるようになった。これによりトンネル磁気抵抗素子への実用化につながり、巨大磁気抵抗素子に続いてハードディスクの読み出し部分(磁気ヘッド)に応用され、記憶容量の増加をもたらしたことで知られる。TMR(tunnel magnetoresistance)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android