コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンレ・サップ[湖] Tonle Sap

1件 の用語解説(トンレ・サップ[湖]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トンレ・サップ[湖]【Tonle Sap】

カンボジア中央部にある大湖。カンボジア語で〈淡水の広いひろがり〉の意味。トンレ・サップ川を通じてメコン川とつながり,乾季の渇水期(11~4月)に排水するが,雨季の増水期(5~10月)にはメコン川の河流が逆流してくる。自然の調節湖の機能を果たし,渇水期の湖水面積は約3000km2,増水期には3倍強に膨張する。水深は通常で1~2m,湖の周囲は約280km。湖岸に野生の浮稲があることで知られる。世界有数の淡水魚の漁場で,漁期は渇水期である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトンレ・サップ[湖]の言及

【カンボジア】より

…メコン川は国内を北から南へS字形に約500kmにわたり貫流し,雨季の流量は乾季の20倍にふくれあがる。トンレ・サップ湖はトンレ・サップ川を通じてメコン川とつながり,増水期にはメコン川の河流が逆流し,湖岸周辺を徐々に冠水しながら,渇水期の約3倍にまで湖の面積を広げる。つまりこの湖は自然の調節槽的役割を果たしている。…

【メコン[川]】より

…国際協力によるメコン川開発計画は,こうしたメコン川中流部の開発を一つの大きな目標にしている。 メコン川筋には,カンボジア領内にトンレ・サップ湖という東南アジア最大の淡水湖があり,雨季には洪水が流入して,乾季のときの3倍にも膨れ上がる。この湖の貯水はメコン・デルタの稲作をおおいに安定させている。…

※「トンレ・サップ[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トンレ・サップ[湖]の関連キーワードカンボジア語クメール語民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構SNC柬埔寨クメールルージュモンクメール語族日本のカンボジア支援タイ・カンボジア衝突

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone