コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーキングエイド for iPad とーきんぐえいど ふぉー あいぱっど

1件 の用語解説(トーキングエイド for iPadの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

トーキングエイド for iPad

会話や筆談が困難な障害者のコミュニケーションを補助するiPadアプリ。バンダイナムコゲームスなど複数の企業と団体が厚生労働省の助成を受けて共同開発し、2012年に障害者支援機器メーカーのユープラスより発売された。画面上の文字や絵文字(言葉が定義されている)などをタッチして作成した文章を合成音声で読み上げたり、メールで送ったりすることができる。「テキスト入力版」(6900円)と「シンボル入力版」(6500円)があり、前者では文字と絵文字、後者では絵文字と画像を使って文章を作成する。これまでは専用機でのみ利用可能なサービスだったが、アプリの発売により、 iPad端末と合わせた価格でも従来の半値以下で利用できるようになった。

(2012-08-22)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone