コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーキングエイド for iPad とーきんぐえいど ふぉー あいぱっど

1件 の用語解説(トーキングエイド for iPadの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

トーキングエイド for iPad

会話や筆談が困難な障害者のコミュニケーションを補助するiPadアプリ。バンダイナムコゲームスなど複数の企業と団体が厚生労働省の助成を受けて共同開発し、2012年に障害者支援機器メーカーのユープラスより発売された。画面上の文字や絵文字(言葉が定義されている)などをタッチして作成した文章を合成音声で読み上げたり、メールで送ったりすることができる。「テキスト入力版」(6900円)と「シンボル入力版」(6500円)があり、前者では文字と絵文字、後者では絵文字と画像を使って文章を作成する。これまでは専用機でのみ利用可能なサービスだったが、アプリの発売により、 iPad端末と合わせた価格でも従来の半値以下で利用できるようになった。

(2012-08-22)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーキングエイド for iPadの関連キーワードテレコミュニケーションコミュニケーション・チャネル人的コミュニケーション・チャネルブランド・コミュニケーションコミュニケートパーソナルコミュニケーションコミュニケーションギャップコミュニケーションプリンターディスコミュニケーションノンバーバル・コミュニケーション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone