コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーキング・ドラム[talking drum] トーキングドラム

1件 の用語解説(トーキング・ドラム[talking drum]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

トーキング・ドラム[talking drum]

叩きながら自在にピッチを変えて多彩な表情を作るナイジェリア原産の中央のくびれた胴を持つドラムアフリカでのドラムは、踊りの伴奏楽器であるとともに通信手段の役割もあった。ドラムでの表現のこまやかさは西洋音楽に見られない特性である。両側のヘッドの押え金具は互いにワイヤーケーブルで連結されており、胴の中央のワイヤーを絞るとヘッドの張力が変化してピッチが上がる構造。ビーター(叩き棒)でヘッドを叩きながらいろいろなピッチ音を出すことができる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーキング・ドラム[talking drum]の関連キーワード河岸を変える可変ピッチプロペラピッチ円ぴっちりピッチを上げる変幻自在胸叩き目先を変える目の色を変えるピッチ (cadence)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone