トーマス マン(英語表記)Thomas Mann

20世紀西洋人名事典の解説

トーマス マン
Thomas Mann


1875.6.6 - 1955.8.12
ドイツの小説家。
スイス生まれ。
1894年火災保健会社の見習い社員となり、同年「転落」でデビュー、詩人デーメルに認められる。1895年ミュンヘンで文学、美術誌を聴講。その後、「ジンプリツィシムス」誌編集。1901年「ブデンブローク家の人々」の成功で、文筆活動に専念。’24年教養小説「魔の山」(2巻)を完成。’29年ノーベル文学賞を受賞。’33年ナチスの台頭でアメリカに渡り、’52年スイスに移住。市民社会に生きる芸術家の苦悩をテーマにし、内的調和を求めつつ、終生、生の世界と精神の世界、市民と芸術家の対立を描き続ける。兄はハインリヒマン

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

トーマス マン

生年月日:1875年6月6日
ドイツの作家
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トーマス マンの関連情報