ドイツのための選択肢(AfD)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツのための選択肢(AfD)

2013年にできた新興政党。反欧州連合(EU)、反移民などを掲げ、直近複数世論調査で支持率8~10%を維持。24日投開票の総選挙では、移民や難民排斥を公然と主張する政党として戦後初めて、連邦議会議席を得ることが確実視されている。

(2017-09-04 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドイツのための選択肢(AfD)の関連情報