コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツの大連立政権

1件 の用語解説(ドイツの大連立政権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツの大連立政権

ドイツでは1党が議席の過半数を獲得するのは難しく、これまでは中道右派・同盟と中道左派SPDの2大政党のどちらかを中心とした連立政権が国政を担ってきた。同盟は自由民主党(FDP)、SPDは90年連合・緑の党と、それぞれ政治的立場が近い政党をパートナーとすることが多い。05年の前回選挙は、従来の政党の組み合わせでは連立が成立せず、大連立に。過去に大連立は、60年代のキージンガー政権で一度あっただけだ。

(2009-09-16 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイツの大連立政権の関連キーワード中間選挙過半数普通決議絶対安定多数捩れ国会比較第一党トルコ総選挙ドイツ大連立政権と総選挙ドイツの選挙制度ドイツの連立政権

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドイツの大連立政権の関連情報