コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツの戦後補償

1件 の用語解説(ドイツの戦後補償の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツの戦後補償

西ドイツナチスによる人種や信教などを理由とした迫害について、1956年制定の連邦補償法を軸に補償してきた。強制労働については2000年に財団「記憶・責任・未来」の設立法が成立。国と企業が50億マルクずつ資金を出し合い、01~07年に約100にのぼる国にいる被害者167万人に総額44億ユーロ(約6200億円)を支払った。

(2014-05-08 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイツの戦後補償の関連キーワードナチス西ドイツ汎ゲルマン主義ベルゲングリューンオシエツキー統一ドイツ南西ドイツ室内管弦楽団ナチス・ドイツ西ドイツ放送連合による国際音楽コンクールドイツ鼻革 (dropped noseband)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドイツの戦後補償の関連情報