コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツの現代写真 どいつのげんだいしゃしんcontemporary German photography

知恵蔵の解説

ドイツの現代写真

1990年代以降、世界的に大きな影響を与えているのがドイツの現代写真である。70年代からデュッセルドルフの芸術アカデミーで教鞭をとっていたベルントとヒラのベッヒャー夫妻は、彼らの、厳密なコンセプトに基づいて撮影を進めていくタイポロジーの方法論を学生たちに伝えていった。そこからトーマス・シュトルート、トーマス・ルフ、アンドレアス・グルスキーといった作家たちが育っていくことになる。彼らベッヒャー派の写真家たちの仕事は、80年代後半以降に現代美術の領域で評価されるようになり、その大判プリントのシリーズが各国の美術館で展示されるようになる。さらに90年代になると他のヨーロッパ諸国やアメリカ、日本などでもベッヒャー派の影響を受けた作品が目立つようになった。2005年にはベッヒャー夫妻を始めとして、ドイツの現代写真家たちの代表作を集成した「ドイツ写真の現在」展が東京国立近代美術館を皮切りに、京都、香川県丸亀を巡回して注目を集めた。

(飯沢耕太郎 写真評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ドイツの現代写真の関連キーワード荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ印僑磯崎新海部俊樹内閣高松伸富岡多恵子ドイツ統一

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android