コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツの連立政権

1件 の用語解説(ドイツの連立政権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツの連立政権

1党が過半数を獲得するのが難しい選挙制度のため、政権は連立が基本。ただ、連立政権中道右派の同盟と中道左派SPDの2大政党のどちらかを軸に、同盟はFDP、SPDは90年連合・緑の党パートナーを組むパターンが多かった。98年まで5期にわたったコール政権は同盟・FDPの連立。その後、05年まではSPDと90年連合・緑の党によるシュレーダー政権となった。05年の前回総選挙では同盟が小差で第1党になったが、連立協議は難航し、「緊急避難」的に同盟・SPDの大連立になった。

(2009-10-25 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイツの連立政権の関連キーワード選挙制度審議会過半数捩れ国会トルコ総選挙シンガポールの選挙制度フランス大統領選挙イタリア総選挙制度ドイツ大連立政権と総選挙ドイツの大連立政権ドイツの選挙制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone