コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツの雇用政策

1件 の用語解説(ドイツの雇用政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツの雇用政策

ドイツもかつては高失業率に直面し、「欧州の病人」と呼ばれた。変化のきっかけは03年、当時のシュレーダー政権が打ち出した構造改革アジェンダ2010」だった。失業者の保護策にメスを入れ、早期の再就職を促した。財政赤字を減らすねらいもあった。最低限の生活を保障するために現金を給付し、職業訓練をほどこす一方、紹介した仕事を拒否すると減額した。派遣労働の適用を広げ、税と社会保険支払いが免除される月収400ユーロ(現在は450ユーロ)以下の雇用「ミニジョブ」を導入。フルタイムが難しい人向けとされたが、多くの正規雇用が取って代わられた。改革で失業率は下がったものの、低賃金の労働者が増えたとの批判がある。

(2013-07-23 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone