コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツの雇用政策

1件 の用語解説(ドイツの雇用政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツの雇用政策

ドイツもかつては高失業率に直面し、「欧州の病人」と呼ばれた。変化のきっかけは03年、当時のシュレーダー政権が打ち出した構造改革アジェンダ2010」だった。失業者の保護策にメスを入れ、早期の再就職を促した。財政赤字を減らすねらいもあった。最低限の生活を保障するために現金を給付し、職業訓練をほどこす一方、紹介した仕事を拒否すると減額した。派遣労働の適用を広げ、税と社会保険支払いが免除される月収400ユーロ(現在は450ユーロ)以下の雇用「ミニジョブ」を導入。フルタイムが難しい人向けとされたが、多くの正規雇用が取って代わられた。改革で失業率は下がったものの、低賃金の労働者が増えたとの批判がある。

(2013-07-23 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイツの雇用政策の関連キーワード何奴も此奴もドイツ文字統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟NAIRU(Non-Accelerating Inflation Rate of Unemployment)失業率(Unemployment Ratio)ハイリゲンダム失業率と有効求人倍率雇用失業率

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone