ドイツ同盟(読み)どいつどうめい

世界大百科事典内のドイツ同盟の言及

【ラント】より

… 中世末ころから近世にかけてこのような形のラントは大小300余も形成されていたが,その大部分においてはまだ私法的な関係が支配的であり,近代的な行政制度を備えていなかった。東ドイツ植民運動の過程で成立したドイツ騎士修道会所領の東西プロイセンとブランデンブルクを基盤として台頭しつつあったプロイセンとオーストリアはいち早く大領国を形成していたが,両者の間で勢力が分裂していたため諸侯はかつてナポレオンの保護下で結んだライン同盟に範をとって1815年にドイツ同盟を結成した。オーストリアはこの同盟に参加していたが,66年にドイツ連邦から離れ,以後ドイツのラントではなくなった。…

※「ドイツ同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドイツ同盟の関連情報