コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ大連立政権と総選挙

1件 の用語解説(ドイツ大連立政権と総選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツ大連立政権と総選挙

1党が過半数を獲得するのが難しい選挙制度のため、ドイツの政権は連立が基本。ただ、連立政権は同盟とSPDの2大政党のどちらかが中心となり、同盟はFDP、SPDは90年連合・緑の党パートナーを組むことが多い。現在のような2大政党による大連立は異例で、過去には60年代のキージンガー政権で一度あっただけだ。前回総選挙(05年)では同盟が小差で第1党になったが、連立協議は難航。「緊急避難」的に大連立に至った。連邦議会の基本定数は598で任期は4年。小選挙区制比例代表制を併用する。小党乱立を防ぐため、基本的に政党に投票し、総投票数の5%以上を得るか、3人以上の小選挙区当選者がいない党は議席配分を得られない。

(2009-08-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイツ大連立政権と総選挙の関連キーワード選挙制度審議会過半数捩れ国会トルコ総選挙シンガポールの選挙制度フランス大統領選挙イタリア総選挙制度ドイツの大連立政権ドイツの選挙制度ドイツの連立政権

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone