コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ・オーストリア同盟 ドイツオーストリアどうめい

1件 の用語解説(ドイツ・オーストリア同盟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツオーストリアどうめい【ドイツ・オーストリア同盟】

1879‐1918年,ドイツオーストリアの間に存続した対ロシア防御同盟。単に二国同盟Zweibundとも,また独墺同盟ともよばれる。1878年ベルリン会議以後,ドイツとロシアとの関係が悪化したので,ビスマルクはオーストリアとの結合を強め,79年10月7日,両国間の秘密軍事同盟ウィーンで調印された。この条約は,締約国の一国がロシアから攻撃された場合,他の一国が共同して戦い,ロシア以外の国の攻撃をうけたときには好意的中立を守ることを義務づけていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドイツ・オーストリア同盟の関連キーワード小ドイツ主義大ドイツ主義ドイツ連邦バウアーハン普墺戦争オーストリア併合オーストリアハンガリー帝国エアバルトオーストリー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone