コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ・オーストリア同盟 ドイツオーストリアどうめい

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツオーストリアどうめい【ドイツ・オーストリア同盟】

1879‐1918年,ドイツオーストリアの間に存続した対ロシア防御同盟。単に二国同盟Zweibundとも,また独墺同盟ともよばれる。1878年ベルリン会議以後,ドイツとロシアとの関係が悪化したので,ビスマルクはオーストリアとの結合を強め,79年10月7日,両国間の秘密軍事同盟がウィーンで調印された。この条約は,締約国の一国がロシアから攻撃された場合,他の一国が共同して戦い,ロシア以外の国の攻撃をうけたときには好意的中立を守ることを義務づけていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ドイツ・オーストリア同盟の関連キーワードオーストリア・ハンガリー帝国ウィーン(オーストリア)第一次世界大戦ハプスブルク家アンドラーシカーロイ

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android