コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイブラー ドイブラー Däubler, Theodor

2件 の用語解説(ドイブラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイブラー
ドイブラー
Däubler, Theodor

[生]1876.8.17. トリエステ
[没]1934.6.13. ザンクトブラージエン
ドイツの詩人,小説家。ヨーロッパの各地を漂泊。少年時代を過した南ヨーロッパの影響が強く,繊細な言語感覚,幻想的なイメージ,激しく力強い表現が特徴。また原始キリスト教グノーシス派の色彩もあり予言者的な傾向が目立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイブラー
どいぶらー
Theodor Dubler
(1876―1934)

ドイツの詩人。生まれ育ったアドリア海沿岸の風光を、自己の文学形成においてつねに意識していた。「太陽がすべての本質を生み出す」という観念を、ギリシア古典の美形式をよりどころに、キリスト教倫理をまといつつ、宇宙論的に発展させたのが、代表作の叙事詩『極光』(1910)である。彼は表現主義を賛美擁護したが、自らは古典派、浪漫(ろうまん)派の流れから出ていなかった。作品はほかに『星明りの道』(1915)、『アッティカのソネット』(1924)など。[内藤道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイブラーの関連キーワードポリエステルアトリエスタンプアリエスカポリエステルフィルムトリエステ・オペレッタ・フェスティバルトコトリエノールトリエステ(船)トリエステ自由地域トリエステ問題リン酸トリエステル法

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone