コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥアルテ Duarte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥアルテ
Duarte

[生]1391.10.30. ビゼウ
[没]1438.9.9. トマル
ポルトガル王 (在位 1433~38) 。アビス朝の祖ジョアン1世 (名王) の長男。学者肌で倫理的にもすぐれ,哲人王として知られた。即位後の 1434年勅令を発して恩賜の領土に関する在来法を改正。弟のエンリケ (航海王子) のアフリカ西海岸探検を支援し,モロッコ攻略のためのタンジール遠征にも同意した。しかし遠征は完全に失敗 (37) 。末弟フェルナンドが捕虜となり,ドゥアルテは悲痛のうちに世を去った。

ドゥアルテ
Duarte, Juan Pablo

[生]1813. サントドミンゴ
[没]1876. カラカス
ドミニカ独立運動の指導者。 1838年秘密結社を組織,ハイチからの独立を企てたが,43年発覚し,亡命。 44年独立達成後帰国,臨時政府 (中央フンタ ) のメンバーとして活躍したが,P.サンターナら主流派と対立して追われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドゥアルテの関連キーワードセラ(Camilo José Cela)ロペス(Fernão Lopes)アフォンソ5世(アフリカ王)カミーロ・ホセ セーラニカノル ドゥアルテフェルナンド ルゴアフォンソ[5世]イスパニオラ[島]ドミニカ共和国ヒスパニオラ島セントラル山脈ドゥアルテ山大航海時代11月4日アビス朝バルボサハイチロペスペドロセラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドゥアルテの関連情報