コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥケチウス Ducetius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥケチウス
Ducetius

[生]?
[没]前440頃
古代シチリアの政治家。ヘレニズム化したシクリ人の出身で,短期間シチリア東部の先住民共同体を強力な連盟に結合した。前 460年シラクサと他のシチリア諸国における僭主政の崩壊に続く混乱に乗じ,シラクサの民主派の援助を得て,前の僭主ヒエロン1世の植民者たちをカタナから追放し,本来のカルキディケからの住民に返還した。さらに他のシクリ人共同体に勢力を広げ,パリケに新しいシクリ人の都市を創建した。しかしシラクサとアクラガスの反撃にあい,コリントに逃亡。前 446年シチリアに帰り,再びギリシア人,シクリ人協力の植民市を北岸のカレ・アクテに建てた。それを拠点としてシクリ勢力の再建をはかったが,十分な成功を収めず死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドゥケチウスの関連キーワード標準音シクスツス3世サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂竹刀スラックレオ(1世)ファン・ルイス ゲラアルディピテクス・ラミダスカダバ歯の変化がもたらした草原適応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android