コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥラード Dourado,Constantino

1件 の用語解説(ドゥラードの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

ドゥラード

没年:元和6.6.4(1620.7.3)
生年:永禄10頃(1567)
活字印刷術の導入者。肥前諫早(長崎県)出身。天正8(1580)年創設の有馬セミナリオ(神学校)に学び,同10年同宿(伝道士)として天正遣欧使節団に随行。リスボンで印刷術と活字の字母の製造法を学び,帰国後キリシタン版の印刷に従事。文禄4(1595)年イエズス会に入り慶長8(1603)年からセミナリオでラテン語オルガンを教授。同19年のキリシタン禁令マカオに追放され,1616年司祭になる。1618年にセミナリオの院長に就任し1620年同地で死去。渡欧したときのトレドミラノなどの見聞記はフロイスの『使節行記』にたびたび引用されている。<参考文献>フロイス著,岡本良知訳『九州三侯遣欧使節行記』

(五野井隆史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥラードの関連キーワードグーテンベルク諫早諫早家崇諫早茂敬桂堂香林玄恕谷口黙次土橋貞恵ドーラード福田渭水

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone