ドゥルネ(読み)どぅるね(英語表記)Deurne

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥルネ
どぅるね
Deurne

ベルギー北部、アントウェルペンの東4キロメートルに位置する都市。人口6万8123(1998)。アントウェルペンの住宅都市的性格が強いが、プラスチックや電気器具工業も立地する。美しいリビエレンホフ公園や古い城跡があり、市民の憩いの場所となっている。[川上多美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android