コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥル・クリガルズ Dur Kurigalzu

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥル・クリガルズ【Dur Kurigalzu】

イラクのバグダードの西約20kmにある都市遺跡。現在名アカル・クーフ‘Aqar Qūf。高さ50m以上もあるジッグラトで有名。その名の意〈クリガルズの要塞〉が示すようにカッシートの王クリガルズが王都兼要塞として新しく建設した町。この王がクリガルズ1世(第17代?。在位年不詳)か同2世(第22代。在位,前1332‐前1308)かについては定説がない。1942‐45年のイラク政府の発掘によりジッグラトの基礎部分のほか,神殿や王宮跡が見つかっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドゥル・クリガルズの言及

【カッシート】より

…第15~21代の王たち,なかでもカダシュマンエンリル1世(第18代?,在位,前1374‐前1360)とブルナブリアシュ2世(第19代?,在位,前1359‐前1333)の時代はアマルナ文書の時代に当たり,カッシート王朝下のバビロンはエジプト,ヒッタイト,ミタンニおよびアッシリアなどと肩を並べる勢力となっていた。クリガルズ2世(第22代)以下カシュティリアシュ4世(第28代)までの時代(前1332‐前1225)は,王都ドゥル・クリガルズを中心に活発な商業活動がみられ,それを証する経済文書や書簡の類が多く残っている。その後,カッシート王朝は約9年(前1225‐前1217)アッシリアの支配を受けるが,やがて独立を回復し,前1155年エラム人によって滅ぼされるまでさらに5代の支配が続いた。…

※「ドゥル・クリガルズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドゥル・クリガルズの関連キーワードアッカド

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android