ドゥワイク ミッチェル(英語表記)Dwike Mitchell

20世紀西洋人名事典の解説

ドゥワイク ミッチェル
Dwike Mitchell


1930.2.14 -
演奏家
フロリダ州ジャクソンビル生まれ。
1950年代半ばライオネル・ハンプトンの下でプレイし、その後、フレンチ・ホルン奏者ウイリー・ラフとミッチェル・ラフ・デュオを結成し、ソ連にも楽旅、モダン・ジャズ・グループとして話題を呼ぶ。60年代ニューヘイブンのクラブや「ヒッコリー・ハウス」などで演奏し、’70年代ディジー・ガレスピーとの共演作を録音する。’80年代も多彩な活動を続けている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android