コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクター中松 どくたーなかまつ

1件 の用語解説(ドクター中松の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ドクター中松

日本の発明家。本名は中松義郎。1928年生まれ、東京都出身。東京大学卒業。工学博士・法学博士・医学博士・理学博士・人文学博士 。同氏の公式プロフィールによると、これまでの発明件数は3,000件以上であり、トーマスエジソンの1,093件を上回り世界一としている。91年、東京都知事選挙に無所属立候補、「21世紀の地球都市を発明する」の基本政策を掲げ、自作のジャンピングシューズを履いたパフォーマンスを行った。以降、東京都知事選挙に繰り返し出馬して注目を集め、タレントとしてテレビに出演している。2014年6月26日、同氏は東京都内で記者会見を行い、13年12月に末期がんと診断され、医師から「余命は来年末(2015年末)まで」と宣告されたことを明らかにした。「これからは前立腺導管がんを治す『治療ロボット』の発明を目指すとともにがんで苦しむ人のための募金活動もしたい」などと同会見の席上で語った。

(2014-6-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドクター中松の関連キーワード井伊蓉峯田中松斎ガトリングドクター・中松発明権尾上茂樹真崎照郷増田義郎Smith,W.(発明家)十大発明家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドクター中松の関連情報