ドクトルビュルガーの運命(読み)ドクトルビュルガーノウンメイ

デジタル大辞泉の解説

ドクトルビュルガーのうんめい【ドクトル・ビュルガーの運命】

《原題、〈ドイツ〉Die Schicksale Doktor Bürgersカロッサの自伝的中編小説。1930年刊行。1913年発表の処女小説「ドクトル・ビュルガーの最後(Doktor Bürgers Ende)」を改作したもので、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」の現代版とも評される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android