コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクトル・ジバゴ Doktor Zhivago

1件 の用語解説(ドクトル・ジバゴの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドクトル・ジバゴ【Doktor Zhivago】

ソ連邦の詩人パステルナーク長編小説。1954‐56年に完成,56年《ノーブイ・ミール(新世界)》誌から掲載を拒否され,翌年イタリアのフェルトリネリ社から刊行された。58年作者のノーベル文学賞受賞と関連して,ソ連では作品の〈反革命性〉について大キャンペーンが起こり,世界的な話題となった。1905年ロシア革命前夜から約四半世紀の激動の時代を舞台に,個人の内的な自由の世界にとどまりつづけようとする誠実な医師ユーリー・ジバゴを主人公に,妻のトーニャ,永遠のロシアを象徴する女性ラーラとの愛の遍歴が小説の外面的筋をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のドクトル・ジバゴの言及

【パステルナーク】より

… 1920年代に入ると,《シェーニャ・リューベルス》(1922),《空路》(1924)などの散文作品が書かれ,詩でも叙事的な志向が強まって,《高き病》(1924‐28),《1905年》(1926),《シュミット大尉》(1927)などで,革命と個人の運命についての思索が語られる。韻文小説《スペクトルスキー》(1931)と,同名の人物を主人公にした散文《物語》(1929)は,後の《ドクトル・ジバゴ》(1954‐56)の原形をなす。 1930年代の詩集《第二の誕生》(1932)は,一方で未来の空間への展望を歌いながら,同時に社会主義の〈おべっか使いどもの空言〉へのいらだちが語られる。…

※「ドクトル・ジバゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドクトル・ジバゴの関連キーワードソ連パステルナークベールイパステルカラースティックソ連邦中編小説長編小説パステル画ダーク・ハーフ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドクトル・ジバゴの関連情報