コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクニンジン(毒人参)(読み)ドクニンジン(英語表記)Conium maculatum; poison hemlock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドクニンジン(毒人参)
ドクニンジン
Conium maculatum; poison hemlock

セリ科の大型の多年草ドクゼリ (毒芹) と違って陸地生で茎には紫黒色の斑点がある。ヨーロッパ原産で,現在中国,北アメリカなどに広く帰化しており,日本でも薬用としてまれに栽培されている。全草にコニインというアルカロイドを含む有毒植物で,中枢神経や運動神経を麻痺させ,呼吸麻痺を起して死にいたらせる。古くは破傷風の薬などに用いられたが,危険なため現在は使用されていない。ギリシアの哲学者ソクラテスもこの毒を飲んで死んだといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android