コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドグラ・マグラ

1件 の用語解説(ドグラ・マグラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドグラ・マグラ

夢野久作長編小説。1935年(昭和10)書下ろし刊行。26年から《狂人の解放治療》と題して着手,何度も書き直し,〈これを書くために生きてきた〉というほど畢生(ひつせい)の大作で1200枚に及んでいる。九州帝国大学の精神科病棟で目を覚ました主人公は,自分の過去ばかりか名前も思い出せない。そこへ法医学の若林教授が来て,主人公が精神病科の正木教授の新学説にもとづいた画時代的な治療の実験材料だと説明してくれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドグラ・マグラの関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線文学賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドグラ・マグラの関連情報