コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドップレライト dopplerite

岩石学辞典の解説

ドップレライト

黒色ゼリー状で非晶質の腐植酸(フミン酸 ; humic acid)のカルシウム塩で,泥炭や褐炭brown coal)の中に産する.コロイド状で水を多く含む.無煙炭(hard coal)のコリナイト(collinie)に対応するものである.最初はピッチ泥炭(pechtorf)として記載されたが[Reinsch : 1839],後にドップラー(C. Doppler)に因んでドップレライトとされた[Haidinger : 1849].植物遺体は全く認められないが,植物遺体の分解によって生成されたと考えられている[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ドップレライトの関連キーワードフィトコライトゴム泥炭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android