ドノラ事件(読み)どのらじけん

世界大百科事典内のドノラ事件の言及

【スモッグ】より

…事件後の調査では,亜硫酸ガス,硫酸,フッ化物,粉塵などの相乗作用による被害であると推定された。
[ドノラ事件(1948年10月26~31日)]
 アメリカのペンシルベニア州ドノラは,モノンガヒラ川に沿って約100mの山に囲まれた渓谷にある製鉄と亜鉛製錬の町で,当時の人口は1万3800人であった。10月26日朝からの霧は31日まで続き,29日の夜から目,鼻,のどの刺激,咳,胸痛,嘔吐などの症状を訴える患者が続出,最終的な罹患者5910人,重症1440人,死亡20人に達した。…

※「ドノラ事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android