コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドバト(土鳩∥鴿) ドバトdomestic dove

世界大百科事典 第2版の解説

ドバト【ドバト(土鳩∥鴿) domestic dove】

飼育改良されたハトの総称(イラスト)。祖先はハト目ハト科のカワラバトC.livia(河原鳩。英名rock dove)といわれている。カワラバトは地中海沿岸,西アフリカ,アラビア,西アジア,インド,中国北部などに分布し,岩山や海岸の崖などにすむ。体は灰青色で,くびに緑紫色の光沢があり,背は白っぽく,翼には2本の黒帯がある。 ハトの飼育は前3000年ころのエジプトですでに行われていたが,古代のインドや中国,ギリシア,ローマでも行われていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドバト(土鳩∥鴿)の言及

【ハト(鳩)】より

… ハト科は通常カワラバト,アオバト,カンムリバト,オオハシバトの4亜科に分類される。カワラバト亜科はもっとも大きな亜科で,アオバト亜科に属するアオバト・ミカドバト類を除くほとんどの種を含んでいる。この亜科には樹上生のもの,岩場にすむもの,地上生のものなどがあり,代表種はカワラバトColumba liviaやベニバトStreptopelia tranquebaricaである。…

※「ドバト(土鳩∥鴿)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android