コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドボー Devaulx, Noël

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドボー
Devaulx, Noël

[生]1905.12.9. ブレスト
[没]1995.6.9. フランス,アルデーシュ
フランスの小説家。 20歳まで生地ブルターニュ地方に住む。初め自然科学を志したが病気のため中断,長く山地に療養生活をおくった。『旅籠パルピヨン』L'Auberge Parpillon (1945) ,『聖女バルブグリーズ』 Sainte Barbegrise (52) などの小説は,死と虚無の匂いの漂う無気味な世界を描き出し,ピエール・ド・マンディアルグらの作品に代表される現代の幻想小説の先駆をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドボーの関連キーワードベギエ・ド・シャンクールトアボジダール ヨヴィッチウォール・ハンドボールアンヌ・ド・フランスウォールハンドボールフィールドプレーヤーシャルル[8世]ウエーブアクセルアラン キュニーブラウンソースエスパニョールタイム(植物)サウンドカードリードボーカルメイプルちゃんウエーブガイアタンシチューファルコン君ウインディートルネード君

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android