コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドムス・アウレア Domus Aurea

世界大百科事典 第2版の解説

ドムス・アウレア【Domus Aurea】

64年の大火の後,ネロ帝がローマに造った宮殿。〈黄金の家〉の意味。建築家はセウェルスSeverusとケレルCeler。現在コロセウムの建っているあたりにあった,人造湖を中心にした田園風庭園にとりまかれた大宮殿で,その敷地は50haとも150haとも推測される。68年ネロの死後,未完成のまま残され急速に消滅していった。現在トラヤヌスの浴場の下にある,正面約220m(当初は約360m)の一棟だけがよく知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドムス・アウレアの言及

【アラベスク】より

…一方,ルネサンス時代にローマで古代遺跡が発掘されるに及び,ヘレニズム期,古代ローマ時代のグロテスク文様もまた,アラベスクの概念に含められた。古代遺跡の多くは,たとえばネロのドムス・アウレア(黄金の家)の場合のように地下に埋もれて洞窟(グロッタ)の観を呈していたので,その壁面装飾の文様をグロテスクと呼んだのである。しかしこのグロテスク文様は,一般に流麗な葉状の曲線文様の中に花冠,鳥獣,人体をからませた綺想風の文様で,アラベスク文様と類似しているところから,イタリア語でアラベスコとも呼ばれた。…

【ローマ美術】より

…ただし,建築モティーフはさらに幻想的性格を強くし,カタコンベの壁画に近い様式に至ったことは推定できる。画家の名は,前300年ころのファビウス・ピクトルFabius Pictorやネロのドムス・アウレア(64ころ)を装飾したファブルスFabullusらしか伝わっていない。後者の壁画は16世紀初頭ラファエロに影響を与え,グロテスク形式の装飾壁画を生むことになる。…

※「ドムス・アウレア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドムス・アウレアの関連キーワード黄金宮殿

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android