コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライズデール Russell Drysdale

世界大百科事典 第2版の解説

ドライズデール【Russell Drysdale】

1912‐81
オーストラリアの画家。両親のイギリス滞在中に生まれた。オーストラリアの名門パブリック・スクール,ジローン・グラマー・スクール卒業。1932年,目の治療で入院中に描いたスケッチを,この国の代表的な芸術一家リンゼー家のダリルに認められ,彼に紹介された画家ジョージ・ベルに師事した。38年ロンドンとパリで絵の勉強をし,画家として立つことを決意した。50年ロンドンで最初の個展を開いて以後,海外でも頻繁に個展を開催した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドライズデールの関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android