ドライ鉄鉱(読み)ドライてっこう(英語表記)dry iron ore

岩石学辞典の解説

ドライ鉄鉱

大体は層状をなす珪質鉄鉱で,微粒状の鏡鉄鉱(specularite)と少量の磁鉄鉱を含み,他は珪酸塩鉱物からなっている.このような鉱床はノルウェーやスウェーデンには普通で,キルナ(Kiruna)の磁鉄鉱鉱床および中央スウェーデンの交代性磁鉄鉱鉱床の近くに産出する.しかしこれらの鉱石が堆積性か,マグマの分化作用か,交代性鉱床か明確ではない[Sjorgren : 1908, Lindgren : 1928].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android