コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライ鉄鉱 ドライてっこうdry iron ore

岩石学辞典の解説

ドライ鉄鉱

大体は層状をなす珪質鉄鉱で,微粒状の鏡鉄鉱(specularite)と少量の磁鉄鉱を含み,他は珪酸塩鉱物からなっている.このような鉱床はノルウェーやスウェーデンには普通で,キルナ(Kiruna)の磁鉄鉱鉱床および中央スウェーデンの交代性磁鉄鉱鉱床の近くに産出する.しかしこれらの鉱石が堆積性か,マグマの分化作用か,交代性鉱床か明確ではない[Sjorgren : 1908, Lindgren : 1928].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android