コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラライゼーション

1件 の用語解説(ドラライゼーションの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドラライゼーション

自国の通貨を廃止し、米ドルに置き換えること。もしくは自国通貨のほかにドルも公式通貨として認めること。メリットとして、経済が不安定な国が導入すると通貨の価値が比較的安定し、経済全体の安定化につながる、という面がある。一方のデメリットとして、アメリカ金融政策に自国の経済が大きく左右される。通貨を用いた金融政策がとれなくなったり、通貨発行による利益を得られなくなることがあげられる。中南米では1990年以降、各国で断続的に通貨危機が起こり、エクアドルが対策として2000年にドルを公式通貨としてからは、各国でドラライゼーションが進んだ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラライゼーションの関連キーワード置換スイスフラン転位置換えるドルショップドルペッグドルベック制通貨バスケット通貨ペアペッグ制(Pegged exchange rate system)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone