コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラライゼーション

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドラライゼーション

自国の通貨を廃止し、米ドルに置き換えること。もしくは自国通貨のほかにドルも公式通貨として認めること。メリットとして、経済が不安定な国が導入すると通貨の価値が比較的安定し、経済全体の安定化につながる、という面がある。一方のデメリットとして、アメリカの金融政策に自国の経済が大きく左右される。通貨を用いた金融政策がとれなくなったり、通貨発行による利益を得られなくなることがあげられる。中南米では1990年以降、各国で断続的に通貨危機が起こり、エクアドルが対策として2000年にドルを公式通貨としてからは、各国でドラライゼーションが進んだ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ドラライゼーションの関連キーワード自国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android