コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドランツ ドランツ Dolanc, Stane

2件 の用語解説(ドランツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドランツ
ドランツ
Dolanc, Stane

[生]1925.11.16. スロベニア,フラストニク
[没]1999.12.13
ユーゴスラビアの政治家。リュブリャナ大学法学部卒業。第2次世界大戦パルチザンに参加,1944年共産党に入り,スロベニア党組織と人民軍政治組織に勤務。 1969年共産主義者同盟幹部会執行局員に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドランツ
どらんつ
Stane Dolanc
(1925―1999)

旧ユーゴスラビアの政治家。スロベニア出身。リュブリャナ大学法学部卒業。パルチザン戦争に参加し、チトーの側近となった。1944年に共産党に入ったが、戦後も1960年まで人民軍に勤務した。1969年に党幹部会員に就任、1971年に民族主義気運が表面化したあと、チトーの片腕となって政治的引き締めを推進した。1972年に幹部会書記となり、チトーの後継者とみなされたが、1979年に辞任した。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドランツの関連キーワードカルストスロベニアスロベニア語プレシェーレンスロベンスカ通りポルトロージュマリグラードイストリアン・シェパード旧ユーゴ解体セルビア人クロアチア人スロベニア人王国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone