コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドランツ ドランツDolanc, Stane

2件 の用語解説(ドランツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドランツ
ドランツ
Dolanc, Stane

[生]1925.11.16. スロベニア,フラストニク
[没]1999.12.13
ユーゴスラビアの政治家。リュブリャナ大学法学部卒業。第2次世界大戦パルチザンに参加,1944年共産党に入り,スロベニア党組織と人民軍政治組織に勤務。 1969年共産主義者同盟幹部会執行局員に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドランツ
どらんつ
Stane Dolanc
(1925―1999)

旧ユーゴスラビアの政治家。スロベニア出身。リュブリャナ大学法学部卒業。パルチザン戦争に参加し、チトーの側近となった。1944年に共産党に入ったが、戦後も1960年まで人民軍に勤務した。1969年に党幹部会員に就任、1971年に民族主義気運が表面化したあと、チトーの片腕となって政治的引き締めを推進した。1972年に幹部会書記となり、チトーの後継者とみなされたが、1979年に辞任した。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドランツの関連キーワード治安維持法ドイツ映画女工哀史ボルゴグラードレザー・シャー・パフラビーイービ木下利玄モースモッセレツェル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone