コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドランツ Dolanc, Stane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドランツ
Dolanc, Stane

[生]1925.11.16. スロベニア,フラストニク
[没]1999.12.13
ユーゴスラビアの政治家。リュブリャナ大学法学部卒業。第2次世界大戦でパルチザンに参加,1944年共産党に入り,スロベニア党組織と人民軍政治組織に勤務。 1969年共産主義者同盟幹部会執行局員に就任。 1971年暮れのクロアチアなどの民族主義傾向制圧に尽力し,1972年同盟執行局書記,1974年同盟幹部会員兼同筆頭書記。 1979年同書記辞任。 1982年内務大臣。 1984年連邦幹部会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドランツ
どらんつ
Stane Dolanc
(1925―1999)

旧ユーゴスラビアの政治家。スロベニア出身。リュブリャナ大学法学部卒業。パルチザン戦争に参加し、チトーの側近となった。1944年に共産党に入ったが、戦後も1960年まで人民軍に勤務した。1969年に党幹部会員に就任、1971年に民族主義気運が表面化したあと、チトーの片腕となって政治的引き締めを推進した。1972年に幹部会書記となり、チトーの後継者とみなされたが、1979年に辞任した。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドランツの関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)アール・デコ内田吐夢フォード(John Ford(1895―1973))

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android