コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリアングレーの肖像 ドリアングレーのしょうぞう

大辞林 第三版の解説

ドリアングレーのしょうぞう【ドリアングレーの肖像】

オスカー=ワイルドの長編小説。1891年刊。享楽主義者ウォートン卿の影響を受けて放蕩生活を送る美青年ドリアンの退廃ぶりを描き、世紀末的人生観をうたった作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ドリアングレーの肖像の関連キーワードダンヌンツィオ三上於菟吉オスカーワイルド長編小説

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドリアングレーの肖像の関連情報